アサミのまったり家計簿

30代既婚者の家計簿です。毎日の家計簿、月毎の収支・貯蓄額をまとめています。

0歳0ヶ月の育児メモ

こんにちは。

通り過ぎれば一瞬のことですが、0歳0ヶ月が終わってしまったので、思ったことをメモしていきます。
ちなみに、里帰り出産はせず、夫も育休を取得してくれました。

入院期間は孤独
帝王切開で入院期間が9泊10日とかなり長かったです。助産師さんが数時間に1回巡回してくれますが、面会も制限されていたため、孤独でした。
夫と連絡はとっていたものの、もちろん夫も初めての育児。わからないこと、不安に思うことは夫・助産師さん・友人・親など手当たり次第話してました。
退院後も気になることはすぐに病院に電話したり、親に相談したり、ということは続けました。

産後のマイナートラブル
主に便秘です。とにかく辛かったです。むくみ・全身のこり・寒気・体力の低下も発生してます。
それに加えて、3時間ごとの授乳による寝不足も発生してました。

ルーティンを作る
最初の頃はおむつ替え▶︎授乳▶︎寝るの繰り返しでした。赤ちゃんが泣いてても起きれなかったらどうしようと不安でしたが、さすがに起きるものですね。
入院中は特に意識してませんでしたが、退院後は朝7時に起きて夕方5時にお風呂に入れ夜7時に寝かすというサイクルを心掛けています。正直、7時前からもう起きてますが(なんなら4時から起きてる笑)朝7時までは寝室から出ないようにしています。そして朝はなるべくベランダから朝日を浴びさせるようにしました。

スペースを意識する
寝る場所、授乳する場所、おむつを替える場所、遊ぶ場所のスペースはなるべく固定しています。

育児日記をつける
スケジュールの記録と、日記それぞれつけてます。
スケジュールの記録は起床・就寝・授乳・おむつ替えの時間をただ記録します。夜の睡眠が少ない時の原因究明や、便秘気味か否かのチェックに役立ちました。
日記は自分の心変わりと、赤ちゃんの日々の変化を残してます。絵を描くのは得意ではないのですが、絵を描いた方が心に残りやすいですね。

なるべく話しかける
当たり前かもしれませんが、赤ちゃんは話しません。でもなるべく話しかけるようにしました。しかし何話しかけていいのかわからなくなる時も多々。そういうときは絵本を読んだり、歌を歌ったりしました。
また授乳中は携帯を触りたくなりますが、なるべく触らないように努力しました。

乳腺炎に苦しめられた
高熱が出たわけではないのですが、しこり・痒み・詰まり等々苦しみました。

家事
食事は外注しました。洗濯はドラム式洗濯機なので大分楽でした。買い出しは夫。食器洗いもほぼ夫。
食事を外注と決めたことで健康的なご飯をお金で解決できたのはとても良かったです。

夫に求めたこと
授乳以外は私と同等の育児スキルを求めました。あとは私のメンタルサポート。

以上です。
来月分も記録残せるといいなぁ。